ダイヤモンドの鑑別書と鑑定書の違いって?

dn

ダイヤのリングやネックレスを購入する時に
鑑別書とか鑑定書とか聞いた事があるけれど
何が違うんだろう?

と思っている人のために、
おおまかな説明をしてみました。

ダイヤモンドの鑑別書と鑑定書の違いは?

まず

鑑別書とは、
宝石などを科学的に検査して
その物が生成された起源と種類を特定したものです。

ようするに
科学的に検査した結果、

この石はガラスではなくて
「天然ダイヤモンドと認む」ということを
記したものです。

ダイヤモンドの品質の評価までは載っていません。

例えば百貨店や宝石の専門店で
買った商品でも
ダイヤモンドの商品全部に
鑑別書がついている訳ではありません。

付いていないからといって
わざわざお金を払ってまで発行してほしいという
方もいるようですが

そのお店が発行する保証書などと
そんなに大差がないというのが正直なところです。

それに対して

ダイヤモンドの鑑定書(グレーティングレポート)は

1石のダイヤモンドに対して

一般的によく言われている
4C(カラット・カラー・クラリティ・カット)別に
より詳しく検査してグレードした結果が記載されています。

なので、
例えば片方に1粒ずつダイヤが付いたピアスやイヤリングに
「鑑定書」が付いている場合は
2石分なので
2冊付いているということになります。

少し前に流行った
スリーストーンのダイヤネックレスに付いていた場合は
3石あるので3冊になりますね。

これがもし鑑別書ですと
1冊に、このスリーストーンのネックレスは
天然ダイヤモンドと認めますという事が書いてある訳です。

鑑定書には
写真が載っていたり、石のサイズまで詳しく載っているため
商品と鑑定書が同一のものであると
確認しやすいというメリットもあります。

まとめ

ダイヤモンドの鑑別書と鑑定書の違いについて
ざっくりですが書いてみました。

購入の際の参考にどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。