朝起きられない身体がだるい立ちくらみ…それはある症状かも

a80a10124c297d6cb2ffc54208e129a7_s

寒い朝にふとんから出るのがつらくて起きられない…

そんなレベルではなく
毎朝起きるのがとてもつらくて、なかなか目も開かない。
普段から身体もだるくてやる気が出ない。
なのに何故か夜になったら活動的になってくる。
それは、ある症状かもしれません。

朝起きられないで苦労した私が大人になって知った事

ある日、子供が風邪をひいたので
近所の大きい総合病院の小児科へ行った時のことです。

大きな病院のため、受付してからの待ち時間がとても長く、
子供が退屈してグズグズ言い出さないようにと
子供の本が置いてあるコーナーの近くに座り
本を読ませながら呼ばれるのを待っていました。

小児科だけあって

本棚の横に、親に向けて
色々な子供の症状について書いてある冊子が吊るしてあったので
私も読んでいました。

たまたま手に取った冊子には、こんな事が書いてありました。

・朝なかなか起きられない
・特に午前中は活力がなくボーッとしている
・急に立ち上がった時に立ちくらみやめまいを起こす
・朝礼など長時間立っていると倒れることがある
・夜になると元気が出てくる
・よく頭痛をおこす
・顔色が悪い
・乗り物酔いしやすい

あれ?これって…私のこと書いてる??
子供の頃の私と完全一致してるんですけど…

と思いながら読んでいくと

こんな症状の子供は

「起立性調節障害」であるかもしれません

と書いてありました。

そして、

「別名をフクロウ病といいます」とも書いてありました。

フクロウ…まるで昔の私です。

朝起きられない身体がだるい立ちくらみがひどい

私は子供の頃から
とにかく朝起きるのが本当に辛くて、
目覚めてふとんから出るまでに
毎日30分以上かかることはもちろん

いつまでも目が開かないし
身体は鉛のように重くて動かないし
学校に行く準備にも時間がかかり、しょっちゅう遅刻していました。

母親は毎日私を起こすのにかなり苦労したようです。

それは大人になってからも続き
仕事に何度か遅刻した事もありました。

仕事中に、しゃがんで作業していて、
ぱっと立ちあがると目の前が真っ暗になり
立ちくらみで
座り込んでしまう事も毎日のようにありました。

反対に私の結婚相手は
ものすごく寝起きが良く、声をかけただけでサッと起きて
それこそ5分で家を出ていけるぐらいの人なので
どうやったらそんな風にできるのか…と
いつも不思議に思っていました。

低血圧のなまけ者だと自分を責めていました

もともと低血圧だったこともあり

「朝起きられないのは低血圧だからなんてウソ」

「自分で起きようという意志が弱いから」

と、世間でよく言われているとおり

自分が怠け者だから起きられないだけで
低血圧なんてただの言い訳…と
いつも自分を責めていた私は

その冊子を読んで、はじめて救われたような気持ちになりました。
やっとその辛さが分かってもらえて嬉しかったのです。

でも同時に、

小さい頃からやりたい事はいっぱいあったのに
何だかいつも身体が重いせいで
やりたいことができないまま歳をとってしまった…という事を
ものすごく後悔しました。

この冊子に書いてある事を知っていれば
病院に行って早いうちに解決できたかもしれないのに…と。

これを読んで頂いているということは
少なくとも、
あなた自身か、あなたのまわりの人に
私のような症状があるという事ではないでしょうか?

私はこの「起立性調節障害」という言葉を
いい歳になってから知りましたが
昔はまだ一般的に知られていなかった為
今となっては仕方ありません。

もし今、同じような症状で苦しんでいて
朝起きられないのは
自分が怠けているせいだと思っている人は
一度、病院で相談してみてはいかがですか?

最近はこの病気を取り扱っている病院も増えているようです。
起立性調節障害のことを詳しく解説しているサイトもよく見かけるので
そういうところを見てみるのもおすすめです。

私のような人が少しでも楽になるきっかけとなれたら幸いです。

まとめ

朝起きられないのは、怠けているだけではないかもしれません。

上記の症状があてはまる人は一度、

起立性調節障害を疑ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。